読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satymale’s diary

日々の忘備録

ASP.NET 5でとりあえず画面を表示させる

久しぶりにASP.NETでWebアプリケーションを作ろうと思ったらさっぱり訳が分からなかったので、仕組みを理解するために必要最小限のファイルで 画面を表示するまでを調べながら作ってみました。

プロジェクトの作成

ASP.NET Web アプリケーション」を選択。

f:id:satymale:20150924231735p:plain

「Empty」を選択。

f:id:satymale:20150924231738p:plain

すると、このような構成のプロジェクトが出来ます。

f:id:satymale:20150924232247p:plain

Controller、Viewの作成

以下のサイトを参考にControllerとViewを作っていきます。

qiita.com

プロジェクトの直下にControllersフォルダを作ります。

f:id:satymale:20150924234640p:plain

Controllersフォルダで[右クリック]->[追加]->[新しいクラス]->[MVC コントローラー クラス]を選んで追加ボタンを押します。

f:id:satymale:20150924235030p:plain

ControlerやIActionResultがエラーになるため、リファレンスで[右クリック]->[NuGetパッケージの管理]で、「Microsoft.AspNet.Mvc」のバージョン6.00-beta5をインストールします。

※バージョンを6.0.0-beta7などにすると原因は調べてませんが、実行時にConfigurationBuilder.Buildのメソッドが見つからないというエラーになるので注意です。

f:id:satymale:20150924235907p:plain

プロジェクトの直下にViews/Homeフォルダを作ります。

f:id:satymale:20150925000727p:plain

Homeフォルダで[右クリック]->[追加]->[新しいクラス]->[MVC ビューページ]を選んで追加ボタンを押します。

f:id:satymale:20150925001013p:plain

追加したビューが表示されていることを確認できるように追加したビューに、適当に文字を入力します。

f:id:satymale:20150925001754p:plain

Startupの編集

ConfigureServicesメソッドに以下のコードを追加します。

services.AddMvc();

Configureメソッドのapp.Runのコードをコメントアウトし、以下のコードを追加します。

app.UseMvc(routes => {
    routes.MapRoute(
        name: "default",
        template: "{controller=Home}/{action=Index}/{id?}");
});

実行

実行すると、先程入力した「test」のみが表示される画面が表示されました!

f:id:satymale:20150925002311p:plain